東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

引越し

一人暮らしの部屋の下見ポイントと有ると便利な持ち物!時間帯はいつが良い?

投稿日:2017年12月7日 更新日:

一人暮らしをする事になり、気になる物件がいくつか見つかったらその部屋を下見に行きますよね。
でも引越しに慣れている方なら大丈夫ですが、初めての引越し・初めての一人暮らしの場合は下見に行ってもどこを見れば良いのかは分からないくないですか?

私も初めての引越しの時の下見は『ココで一人暮らしするんだなぁ~、一人なら十分な部屋だし悪くないよね!』と、ただただ部屋を眺めるだけで終わってしまいました。
結局その部屋を契約したのですが、後から不満や不便な事が出てきたりして次からはここは絶対チェックしてやる!というような場所もいくつか出てきました。

ですので、今回は部屋を下見するときにはどのようなところに注意しながら見ていけば良いかを紹介していきたいと思います。


スポンサーリンク

部屋を下見する際のポイント

部屋を下見する際に大事なポイントは実際にその部屋で生活する事をリアルにイメージするという事です。
キッチンで調理して、部屋で食事をする。お風呂に入ったりトイレを使ったり、洗濯をして洗濯物を干す。家に帰ってくつろいで、布団やベッドで眠ったりと様々な事をしっかりとこの部屋でならどうなるか?というのを想像する事が大事です。

とはいえ、初めて一人暮らしをするというような方なんかはそんなことをイメージするのは難しいですよね?
初めてでなくとも引越しの経験が少なかったりすると内見の際に見落としたりすることもあり、契約し実際に生活を始めてから後悔するという事もあり得ます。

ですので、ここでしっかりと物件を下見する際に気にしたいポイントを確認してから後悔の無い部屋を探しましょう!

部屋の下見ポイント

部屋の広さ

ネットや不動産で見せてもらう情報の中にはどのような間取りで何畳の部屋なのかという情報は分かりますが、実際に目で見て感じる広さというのはやっぱり大事な情報です。
実際に見て、どのような家具を置くのか?持ち込む予定の家具は設置出来るのかなどを見ておきましょう。
間取りの情報が間違っている場合もありますので、しっかりと確認しておいてください。
天井の高さも同時確認しておくのをお勧めします。

窓の位置と高さ

生活を初めてすぐに必要になるカーテンを取り付けるのに必要な情報です。また、窓の下に家具を設置する場合は窓までの高さも重要ですのでしっかり確認しましょう。

カーテンレールの有無

窓のサイズだけでなくカーテンレールが備え付けかどうか確認しておきましょう。大抵の場合は備え付けられていますが、場合によってはそうでないところもあります。

日当たり

日当たりは南向きが一番良いと言われていますが、物件情報では南向きだったとしても近くに背の高い建物があったりすると日当たりは悪くなります。
このような情報は実際に見てみないと分からないものなのでしっかりと確認しておきましょう。

ベランダの広さ

どの程度の広さ・幅があるか確認しましょう。
洗濯物を干すのにも重要な情報です。
また防犯上ベランダからの侵入がしやすいかどうかも見ておきたいですね。

防音性

隣の部屋からの音が聞こえないか?
これは隣人とのトラブルを避ける為にも大事なポイントです。
隣の音が聞こえるということは、その反対もあります。
毎日気を使い続ける生活は大変ですので、しっかり確認しておきましょう。
軽く壁を叩いてみてその音を聞いてみればすぐに分かります。

また、近隣からの騒音というのも確かめておきたいポイントです。
窓を開けた状態と閉めた状態での確認をしておきましょう。

収納スペースのサイズ

収納場所の有無は物件の間取りで見ることができますが、実際のサイズは見て測らないと分かりません。
収納スペースがどのくらいの広さなのかは重要なポイントですので確認しておきましょう。

照明器具の設置

照明器具は備え付けられているかどうか?
備え付けでないなら、どの様な取り付け器具が付いているのかを確認しておきましょう。
引っ越した初日から照明器具は必要となります。

エアコンの設置

エアコンは備え付けられているのかどうか?
備え付けでないなら、自分で取り付けても良いのか?
物件によっては壁に穴を開けられると困るからと、設置できない物件もあるそうですのでしっかり確認しましょう。

コンセントの数と位置

コンセントは何かにつけ必要となってきます。
どれだけあっても困ることが無いのがコンセントですので、どの位置にどれだけの数があるのかを見ておきましょう。

TVアンテナ端子の位置

アンテナ端子の位置も重要です。
基本的にはその近くにTVを置くことになりますので、家具の配置などを決める重要なポイントになります。

モジュラージャックの位置

モジュラージャック(電話線の差込口)がどこにあるのか?そもそもあるのかどうかを見ておきましょう。
電話の設置やインターネットに必要なモデムの取り付けに必要になります。

電波の入り具合

電波の入り具合はどうかは重要なポイントです。
いまや携帯は一人に1台以上の時代ですのでしっかり確認しておきましょう。

スポンサーリンク

ドアや窓の建て付け

ドアや窓の開閉に不具合は無いか?あるなら修正や交換は可能なのかを確認しましょう。
同時に傷や汚れなども確認し、同じく修正は可能なのか確認をとりましょう。

水回り

キッチンやお風呂が清潔かどうか?
カビが生えていたりしないかを確認しておきましょう。
また、シャワーの水圧に問題がないかの確認も大事です。

内装や設備の不具合や劣化

キッチンのコンロなど、設備に不具合や劣化は無いか?
壁や床に傷や剥がれなどが無いか?
ある場合は修正や復旧はしてもらえるのかの確認をします。

洗濯パンの有無

洗濯機を設置出来るスペースはあるのか?
また、どこに設置することになるのか?
洗濯パンなら寸法はどの程度か?
洗濯機の購入や設置に関する情報ですので、しっかり確認しておきましょう。

建物の下見ポイント

駐輪場

駐輪場はどこにあるのか?
駐輪場には屋根はあるのか?
自転車に乗る方には必要な情報です。

郵便受け

郵便受けはあるのか?
無ければ玄関まで直接投函されるので、防犯上あった方が良いでしょう。

ゴミ捨て場

ゴミ捨て場がどこにあるのか?
ゴミを出していい曜日はいつなのか?
ちゃんと管理されており、ルールが守られているかというのも確認したいポイントです。

エレベーターの有無

エレベーターは有るのか無いのか?
またエレベーターの広さはどれくらいか?
これは引越しの際や家具家電を購入した際の搬入経路として大事な情報です。
これにより配送料も変わってきます。

また、防犯カメラはついているかも見ておきましょう。

防犯

オートロックや防犯カメラなどのセキュリティの面はどうなのか?
女性の一人暮らしでは気にしたいポイントです。

物件周辺の下見ポイント

物件と隣接する道路

隣接する道路の道幅や環境しだいで、引っ越しの見積もりが変わったりします。

周辺の施設

コンビニやスーパー、病院や飲食店など自分があると便利と感じる施設はどこで、どれくらいの距離の場所にあるのか?
生活して行く上でこのような施設は重要ですので確認しておきたいポイントです。

駅までの距離

物件の情報には◯◯駅まで徒歩◯分と書いてある場合がありますが、これは1分=80mで計算されているものです。
踏切や信号待ちなどは考慮されていませんので実際に確かめてみましょう。

歩いてみたら開かずの踏切だったという事も有るようです。

部屋の下見の際にあると便利な持ち物

前項で部屋を内見し、物件の下見を行う際に気をつけたいポイントをご紹介してきました。その注意したいポイントを確認するのに、持って行くと便利な持ち物を紹介していきたいと思います。

部屋の内見に便利な持ち物

メジャー

メジャーは必須の持ち物です。気になるところの寸法は何処でも全て測っておきましょう。縦横と平面での寸法ではなく、高さも考えて立体的に測っておくのをオススメします。これらの情報は家具の配置を考えたり、新しく購入する際の目安にもなりますので、大事ですよ。

筆記具とメモ帳

これは不動産屋さんの話をメモしておいたり、測った寸法をメモしたりと有ると絶対に便利な物ですので、用意しておきましょう。

カメラ

カメラは携帯の写真機能でも大丈夫です。あらゆる所を撮っておけば、帰った後に見直していろいろと考える事も出来ます。また、内装や設備の傷や汚れなんかも見つけたら撮影しておきましょう。値段交渉にもなりますし、退去時に余計なトラブルにならずに済みます。

方位磁石

最近はスマホアプリでも有りますので代用出来ます。間取り図面に記載されている方角が間違っている事もあります。やはり実際に自分でしっかりと確認しておきましょう。

間取り図面

不動産屋さんが持っているはずですが、これを見ながら物件の下見をしていきましょう。

部屋を下見する時間帯



気になる物件を下見に行くのは大抵の方が、自身の休日に向かわれると思います。
そして休日の午前中または日の出ている昼頃が多いのではないかと思います。

その時間帯に部屋の内見をするのはもちろん大事ではあるのですが、急を要して物件を探さないといけないという事でなければ【昼と夕方以降】の2回は下見に行くようにするのをおすすめします。

その理由とは、昼までしか見えないポイント・夜にしか見えないポイントというものがやはりあるからです。
日当たりというのは昼間で無いと分かりません。
内装の雰囲気や設備状況なども昼間の明るいうちの方がよく分かります。

しかし夜でないと、隣人の騒音がどれくらい響くのか?夕方からオープンするような居酒屋などが近くにあるとその騒音環境はその時間にしか分かりません。
ですので、内見は出来るだけ2回以上行ったうえで契約を決めるようにした方が良いでしょう。

まとめ



いくら慎重に物件探しをしたからといってもかならずすべての不満点が見つかるかというとそうでもありません。
実際に生活を始めてから出てくる不満というのも必ずあります。

ですが、すこしでも快適な生活を送るのに今回挙げた下見ポイントの確認は出来る限り行うようにしましょう。
あなたの新生活がより良いものになるようにしっかりと確認してみてください!

引越しのご挨拶に関するマナーや伺う範囲は?粗品はどうすればいい?【まとめ】

スポンサーリンク

-引越し
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

引越しのご挨拶はいつまでにするべき?訪問する時間帯や気を付けたいマナーは?

3月は引っ越しシーズンですね。 進学のために県外へ引っ越す学生さんや、入社・転勤で引越しをすることになる社会人の方が増える時期です。 そして引越し先で新しい生活を始めるとなるとお隣さんやご近所の方への …

引越しのご挨拶は不在なら手紙でもいい?封筒には入れた方が良い?文例もご紹介!

引越しは新しい地での生活や新しい人間関係など不安な要素もたくさんあります。 特にご近所の方との付き合いというのは、意外と大切ですよね。 相手と良好な関係を築けているのなら、多少の迷惑を掛けてしまっても …

引越しで退去時のご挨拶は必要?伺うならいつ頃いくべき?手紙で済ませても良いの?

引越しが決まると荷造りや掃除などしないといけない事がたくさんあって忙しくなります。 そして引越し先への挨拶もしないといけないと、ご挨拶の品も選びにいかないといけませんね。 スポンサーリンク このように …

引越しのご挨拶に用意する手土産の相場は?おすすめの品と包み方は?

引越しの際にはお隣さんなどのご近所へご挨拶に伺いますよね。 その際には手ぶらで行くのも失礼と、何か手土産を持参していく方が多いと思います。 スポンサーリンク この手土産に用意する品物はどれくらいの予算 …

引越しのご挨拶回りはどの範囲まで?全員で行く方が良い?退去時にも必要?

引越しをすると引越し先での新しいご近所付き合いが始まりますよね。 そのお付き合いが濃いものになるか薄いものになるかは、この段階ではまだ分かりませんが出来る限り良好な関係を築けるようにしておきたいもので …

ページ検索