東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

新生活

鉛筆に名前を付ける方法は?名入れ品の価格と一年間の消費量はどれくらい?

投稿日:2017年12月11日 更新日:


この春から保育園や幼稚園を卒園し、小学生になるお子様をお持ちのお父さんお母さんおめでとうございます。

ついこの間産まれたばかり、少し前に幼稚園に入園したばかりでまだまだ幼いと思っていた我が子が、もう小学生になるというのは何だか不思議なものですよね。

毎朝ランドセルを背負って一人で通学して行くのは、不安な気持ちもありますが、頑張って欲しいという気持ちも当然ありますね。

そんな小学校ですが、親がしないといけない準備というのも大変な事が多いですよね。
その中でも子供の持ち物全てに名前を付けないといけないというのはとても大変で面倒な作業です。

下着や靴下、水筒や手提げカバンはモチロンですが、筆箱や鉛筆の1本1本に至るまで全てに名前を書くように言われる学校がほとんどだと思います。

今回はそんな筆記具、特に鉛筆に名前を付ける方法をご紹介していこうと思います。

鉛筆は細くて数も有り、名前を付けるのが大変なものの1つです。
これに名前を付ける事が出来れば同じように他のものの名入れも終わるでしょう。

是非ご覧下さい!
小学校の入学準備!かかる費用は?揃える物は?名前は何に書く?【まとめ】

スポンサーリンク

鉛筆に名前を付ける方法!



子供の入学準備で面倒な事の1つが持ち物への名入れです。
中でも筆記具への名入れは数も有りますし、細かい作業でとても面倒!

でも学校から『名前を書いてきて下さい!』と言われればやらないとしょうがないですよね。
ですので名入れの方法を3つここでは紹介していきたいと思います。

鉛筆への名入れの方法!

1.ネームシール
文房具店(文房具コーナー)や100均などで売っている名前を書いて貼る事が出来るシールです。
ネームシール1セットの中には何枚も入っていますので2〜3セット購入すれば筆記用具への名入れは全てまかなえるでしょう。

しかし、ネームシールの難点は剥がれやすいという事です。
特に鉛筆への貼り付けは剥がれる事も多く、その度に新しく書いて貼り直さないといけないのは欠点ですね。

2.油性ペン(ネームペン)
油性ペンはどの家庭にも1本はあるでしょう。
もし無かったとしても文房具店(文房具コーナー)や100均、コンビニでも安価に手に入るのでお手軽です。

しかし鉛筆への名入れはとても書きにくいです。
そして鉛筆の色によっては見えづらいという欠点もあります。
さらに何本も何本も書くのはやっぱり面倒ですよね・・・

しかし鉛筆によっては名前を書くスペースがあるものもありますので、そういうものなら有りな方法かと思います。
気になる人も多い油性ペンで書いた名前は消えやすそうという悩みですが、意外とインクが薄くなることは少ないのでその辺りはあまり気にしなくても良いでしょう。

3.ネームスタンプ
これが私個人としてはオススメです!
他の2つの方法よりもお値段は少々かかりますが、これがあると字に自信のある方でなくともキレイな名入れが出来ます。
さらにインクを付けて押していくだけなのでとても楽です!
シャチハタタイプもありますのでインクを付ける手間すら省けたりもします(笑)

このスタンプは水洗いしても簡単には消える事がありませんので、筆記具に付けると考えれば何の問題もありませんね。

上記のように、筆記具に名入れをする方法を3つ紹介させていただきました。

この中でのオススメは上でも書きましたが【ネームスタンプ】です。
名前を書くためだけには少しお値段が張りますが、それで手間と時間を買えると思えばとてもコスパは良いでしょう。

いくつかオススメのネームスタンプを紹介させていただきます。

お名前スタンプ13種類にインクやスケール、インク落としも付いた至れり尽くせりなセットです。
筆記具だけでなく、体操服やタグにも使えるような色々なサイズがこれ1つに詰め込まれています。

ネームスタンプ7種類の入ったセットです。
今回の趣旨である筆記具に押すには別売りのインクを購入する必要がありますが、それでも安い!それがウリですね。

鉛筆の名入れ品の価格は?



筆記具に名入れする中で一番面倒な鉛筆ですが、前項で紹介した方法で名入れする事ができます。
しかし、入学祝いなどで名前の入った鉛筆などを頂いたりした人もいると思います。

見た目もデザインと一体感があってオシャレですよね。
ですが基本的にはお祝いで貰うものなので、いくつ用意できるかは自分で決められません。

ですのでどのようにして名入れをすると良いかを調べたりすると思うのですが、この鉛筆がお手頃な価格だったとしたら1年生の準備としてなら買っても良いと思えるかもしれませんね。

ですので名入れ鉛筆の価格はどれくらいなのか見てみましょう。

スポンサーリンク

1ダースから購入可能で価格は¥800(税抜)です。

1ダースから購入する事ができ価格は¥480(税抜)です。

有名なトンボ鉛筆です。価格は¥399(税抜)です。

オシャレな白地の鉛筆です。価格は¥800(税抜)です。

このように高いものと安いものと値段に多少幅はありますが、そこまで高いものではありません。
しかし鉛筆に800円と考えると少し悩みますよね・・・
この値段を許容できるのであればデザインも良く、手間も削減できるこちらの名入れサービス品を選ぶのも良いかもしれませんね。

小学校で使う鉛筆の量はどれくらい?



小学校では鉛筆を一年間でどのくらい使うのでしょうか?
この消費量によっても名入れ品を買うか、自分で名入れをするかが変わる人もいるかもしれませんよね。

この一年間の鉛筆の消費量というのは、やはりその子次第というのが答えです。
家でもよく勉強をする子とあまり勉強しない子では消費量は違いますよね。
短くなるまで使う子も入ればすぐに新しいのに交換する子もいます。
そして使う使わない以外にも失くしたりもすれば、折れる事もあるでしょう。
人に貸したりして使うペースが増える事もあります。

ですので、一概に一年間ではこれくらいという量を出すことはできません。
しかし小学校で指定の鉛筆の濃さは2Bのところがほとんどたと思いますので、芯が柔らかい分折れやすかったり消費が早かったりしますので結構な本数が必要になります。

さらに漢字の練習などで鉛筆はたくさん無くなります。
ですので目安として一週間で1本、ひと月で4本、一年で48本。
だいたい4〜5ダース程あると安心出来るのではないでしょうか。
さらに失くしたり折れたりの事を考えて1ダース余分に用意出来ると良いでしょう。

さいごに



いかがでしたか?
鉛筆を始めとした筆記具への名入れは面倒ですね。
ですが、どんな小さなものでもしっかりと名入れをする事によって子供にものを大切にするという事を教えることにもなります。

小学校からの指示でもありますので、名入れはしっかりしなければなりません。
ですが出来るだけ手間は省きたいですので、個人的にはネームスタンプを使うのをオススメしたいです。

しかしご両親が許容できるのであれば名入れ品の鉛筆を購入するのも見た目も含めて一番良いかもしれませんね。

しかしどちらにするにもどれくらい我が子が鉛筆を使うかは分かりませんのでこの記事を目安として選んでみてください。

小学校の入学準備!かかる費用は?揃える物は?名前は何に書く?【まとめ】

スポンサーリンク

-新生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

小学校の入学準備で名前はどんなものに書く?ひらがなと漢字ではどっちが良い?

次の春から小学校へ入学するお子様をお持ちのお母さんおめでとうございます。 子どもが大きく成長して行くのは親からすると嬉しいものですよね。 頑張って小学校へ通って、しっかりと勉強をする。 そんな姿を想像 …

幼稚園と保育園の違いを簡単に説明!どっちがいいの?それぞれのメリットを紹介!

子供が産まれるのをキッカケに仕事を辞めた・休職したというお母さんってたくさんいらっしゃいますよね。 このまま専業主婦で家事や育児に専念するか、ある程度育児に専念したら復職して仕事をしながら家事・育児と …

小学校のお道具箱のサイズや中身は?名前シールで名入れをすると便利!

小学校へ入学する時期になると入学準備も色々あり、ちょっとしたことでも悩みが出てきますよね。 ましてやそれが1人目のお子さんであると、お母さんも初めての経験となり右も左も分からない状態だと思います。 周 …

小学校入学時に体操服は何枚必要?サイズはどのくらいを選ぶ?買い替えの目安は何年生?

子どもが小学校に入学するとなると準備しないといけないものも多いですよね。 小学生の象徴ともいえるランドセルももちろんですが、勉強机などの大きなものから筆箱や鉛筆・上履きなど細かなものまでたくさん必要に …

幼稚園の入園準備はいつから始めたらいい?プレ保育って何?

ついこの間子供が産まれて、やっと立ったり喋り始めたり歩いたりしたと思ったら次は幼稚園が目の前ですよね。 でも幼稚園って義務教育じゃないし、いつから入園に向けて準備したらいいのか分からないお母さんも多い …

ページ検索