東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

ひな祭り

初節句は女の子が早生まれならいつする?雛人形はいつ買うのが良い?

投稿日:2018年2月4日 更新日:

女の子の誕生おめでとうございます!
女の子なら3月3日に桃の節句のお祝いをしてあげないといけませんね。

雛人形を飾って雛あられやちらし寿司を用意して、みんなで集まってお祝いをする。
考えるだけで楽しみですね。

ただ桃の節句という事は初節句のお祝いもしないといけませんよね。
しかし生まれたのが1月や2月という早生まれの場合はどうすれば良いのでしょうか?

生まれてひと月あるかないかという状態でも初節句のお祝いをしないといけないとなると大変ですよね?
さらに生まれてすぐに初節句を迎えるとなると雛人形の準備なんて間に合わないのではないでしょうか?

このような悩みを持つ方も少なくないのではと、今回は早生まれの初節句はすぐにするべきなのか?
このような場合雛人形はいつ用意すれば良いのか?

これらについて書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

初節句は女の子が早生まれならいつする?

早生まれの女の子が生まれて初めての桃の節句を迎えるまでには1~2ヶ月しかありませんよね。
このような生まれてすぐという状態で初節句のお祝いもしなければならないとなるとお母さんも子供も大変です。

このような場合でも最初に迎える桃の節句でないと初節句のお祝いはダメなのでしょうか?
結論から言いますと、この場合は初節句のお祝いは翌年でも問題ありません。

というのも初節句には生まれてすぐでも桃の節句の時期にしないといけないという決まりはありません。
ですので、余裕の出来る翌年に初節句のお祝いをしても問題はありません。

地域の風習やご家族の考え方によってさまざまなのですがこうしなければならないというような、一律のルールは存在していないのです。
しかし地域による風習というものはあり、その中にはこのような決まりもあったりします。

生後21日以内に桃の節句が来るのであれば、翌年に初節句を行う。
生まれてから初めてのお正月を迎えてからじゃないと初節句のお祝いはしない。
お食い初めの後でないと初節句はしない。
お宮参りが済んでから初節句をする。

など、さまざまな風習があります。

しかし多くの地域ではお宮参りが終わっているかどうかが初節句を行うかどうかの分かれ目になるようです。
お宮参りとは、生後30日間は母親の子では無くその土地の産土神(うぶすながみ)のものであり、それを母親の子とする儀式の事です。

スポンサーリンク

自分の子で無いのに初節句をお祝いするのはおかしいという考え方という事ですね。
ですので、お住いの地域によりますがお宮参りを初節句をお祝いする目安として考えると良いでしょう。

しかし生後30日を過ぎお宮参りも済ませたといってもまだお母さんの体調も回復しきっていないでしょうし、子供の首もすわっていないはずです。
そのような状態で無理をしてその年に初節句を行う必要はありません。

初節句とは子供の健康と成長を願う行事のはずなのに、生まれたばかりの赤ちゃんに無理をさせるというのは本末転倒だと感じます。
ですので、お母さんの体調と子供の事を考え無理をさせず初節句のお祝いは翌年に行う方が良いでしょう。

初節句の雛人形はいつ買うのが良い?

前項で初節句は女の子が早生まれなら翌年にしても問題ないと書いてきました。
しかし、初節句が翌年だとしても最初の桃の節句には雛人形は必要なのでしょうか?

これも初節句のお祝いと一緒で、来年までに用意すれば問題ありません。
雛人形を女の子へ贈る意味は、健やかな成長を願うというものと災厄を代わりに受ける身代わりです。

ですので、健康と成長を願う初節句を来年に行うのであれば雛人形を用意するのも来年で問題ありません。

雛人形を飾る意味について詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
雛人形の人形の名前と飾る意味

そもそも早生まれの子ですと、雛人形を選ぼうにも良いものはほとんどが品切れになっていて残り物しか選べないという状態だと思います。
なので、今のうちにどの様な雛人形が良いのかの目星を付けておき、翌年には気に入ったものを購入できるように準備しておくと良いでしょう。

ちなみに雛人形を買う時期はいつが良いかについてはこちらの記事を参考にしてみてください。
初節句の女の子への雛人形は誰が買うもの?いつ買うのが良い?親のお下がりでも良いの?

しかし最初の桃の節句に何もしないというのは嫌だという方は、簡単な雛飾りやウォールステッカーの雛飾りもありますのでそちらを準備して写真を撮ったりと、家族だけでささやかにお祝いするというのも良いのではないでしょうか。
それだけでも家族の思い出に残る記念となるはずです。

またつるし雛という物もあり、そちらですと翌年に雛人形を用意しても一緒に飾ることが出来ますので無駄にならずオススメです。

まとめ

女の子の幸せを願ってお祝いする初節句ですので、お母さんも子供も無理をせずに、周囲のみんなが心からお祝いできる初節句になるようにしたいですね。

ひな祭りと定番料理の意味や由来と雛人形の名前や飾る時期に処分方法まで【まとめ】

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ひな祭りにちらし寿司を食べる理由と具材の意味をご紹介します!

3月3日桃の節句には雛人形を飾って女の子をお祝いするひな祭りの日ですね。 ひな祭りになるとキレイな雛人形が飾られ、豪華なお料理を食べれるので子供の頃は嬉しかったんじゃないでしょうか? スポンサーリンク …

初節句の女の子への雛人形は誰が買うもの?いつ買うのが良い?親のお下がりでも良いの?

女の子が産まれて初めての3月3日は初節句となり、お祝いをする家庭が多いですね。 この節句行事に向けてひな祭りのシンボルとも言える雛人形を準備しないとなぁ~と親御さんは考えると思います。 スポンサーリン …

ひな祭りと定番料理の意味や由来と雛人形の名前や飾る時期に処分方法まで【まとめ】

3月3日といえばひな祭り!別名【桃の節句】とも呼ばれる女の子の成長をお祝いする年中行事ですね。 スポンサーリンク この日には飾った雛人形を愛でながら、豪華な料理や白酒・甘酒をみんなで飲んで食べて遊んで …

初節句へのお返しは必要か不要か?する場合は時期はいつまでが良いの?

初節句を迎えたお子さんをお持ちの方、おめでとうございます。 初節句を迎える時、両親や義両親・親戚の叔父さん叔母さんや兄弟友人、色々な方からお祝いを頂いた方も多いのではないでしょうか? 初節句をたくさん …

ひな祭りにひし餅を飾るのはなぜ?色や順番と形には意味があるのか?

ひな祭りといえば雛人形を飾ってちらし寿司や白酒などの飲食を楽しむ女の子のお祝い行事ですね。 そのお雛様に飾られている菱餅と呼ばれる三食の菱形の飾りを見た事ある方も多いと思います。 スポンサーリンク で …

ページ検索