東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

初任給

初任給で親へ贈るプレゼントの予算相場は?形に残るものの方が良い?現金でも良い?

投稿日:

4月に入って社会人として働き始めると、ここまで育ててくれた両親への感謝を感じる時間もあるのではないでしょうか。
そんな時には『初任給は何か両親へプレゼントをしたいな~』なんて感じるかもしれませんね。

でも初任給で贈るプレゼントの予算相場ってどれくらいが一般的なのでしょうか?
もちろん貰える給料も人によって違うし、実家暮らしや一人暮らしかという環境によっても出せる予算に違いはあります。

それでも他の人はどれくらいをプレゼントの予算として考えているのかは気になりますよね。
自分が思う予算は他の人に比べてやっぱり少ないのかな?それとも多いのかな?なんて考える事もあると思います。

ですので今回は初任給で両親にプレゼントをする際の予算相場についてを書いていきたいと思います。
併せてプレゼントは形に残るものの方が良いのか?
プレゼントよりも現金の方が良いのか?

これらの事についても書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

初任給で親へ贈るプレゼントの予算相場はいくら?

就職して初めてもらう給料である初任給は人生の中でも特別なものですよね。
アルバイトをしていた人も多いでしょうが、その時とは責任感も違い慣れない場所で不安を覚えながら一生懸命に働いていただいた報酬です。

この初任給は何か特別なものにしたいと、今までの感謝を込めて両親へのプレゼントを贈るという方も多いですね。
この時の贈り物の予算相場は一般的にどれくらいなのでしょうか?

初任給で贈るプレゼントの予算は1~3万円というのが相場となっています。
この金額が多いと思うか少ないと思うかはあなた次第ですが、あくまで相場ですので参考にする程度で良いです。

大事なのはありきたりですが、大事な初任給で親へプレゼントをしようと考えているあなたの気持ちです。
その気持ちがあるのであれば金額の大小は大した問題ではありません。

人によって給料の金額も違いますし、実家に暮らしている人より一人暮らしをする人の方が余裕が少ないのも当たり前の事です。
他人と同じ条件では無いので、相場より多くなったり少なくなったりするのも当たり前なのです。

ですので無理をしない金額で両親への贈り物を考えるようにすると良いでしょう。
ちなみに社会人になった母親の意見としてはこんなものもあります。

『あまり高価な物をプレゼントされると、嬉しいよりも我が子の金銭感覚に不安を覚える』
『プレゼントなんかいらないから、自分の為に貯金しておいてほしい』
『初任給なんて少ないのは分かっているから無理しないでほしい』

このような子供の事を心配する声も一定数あがっています。
何歳になっても立派な大人になったとしても、いつまでも親にとっては子供という事ですね。

初任給のプレゼントは形に残るものが良い?

初任給で両親に贈るプレゼントは形に残るものを贈る方が良いのでしょうか?
もちろん形に残るものでしたら、父も母も一生大事にしてくれる事でしょう。

しかし形に残らないものでも、記憶に残る思い出をプレゼントするというのも素敵な贈り物です。
よく聞くプレゼントですが、食事や旅行をプレゼントするというのも思い出になるプレゼントになります。

少し高級なお店に両親を連れて食事に行って、あなたが支払いをしている後ろ姿を見ると『こんなお店で支払いを出来るような大人になったんだ』と感動する事でしょう。
旅行も両親を連れて家族で行く事によって『初任給であそこに連れて行ってくれたよね~』と後々になっても話せるような思い出に残るプレゼントになります。

なので必ずしも形に残るものが良いというわけではありませんので、物にこだわる必要も無いという事を覚えておいてください。
しかし、やっぱりせっかくなので形に残るものを贈りたいという方もいらっしゃると思います。

そのような場合は記念に残るようなペアギフトを贈るというのはどうでしょうか?
ペアの湯飲みペアのグラスなどに名入れをして贈るという方法もあります。

スポンサーリンク

このようにグラスにメッセージを入れる事も出来ますのでオススメです。

またはこちらのページのような特別なメッセージを贈り物にするというのも形に残り、思い出にもなるオススメの贈り物となります。
http://www.musubie.com/

ちなみに会社員の給料の支給日は4月末になるところもあれば5月に入ってからというところもあると思います。
ですので初任給での贈り物は母の日+父の日を合わせてペアギフトとして贈るという方も多くいらっしゃいます。

初任給で奮発した半月後、ひと月後に母の日父の日がありまた贈り物をするというのも懐が大変だと思いますので、この日の贈り物を兼ねて贈るというのも考えておくと良いでしょう。

初任給のプレゼントは現金でも良い?

初任給のプレゼントを贈りたいけど、何にしたら良いか決まらない。
母親へはエステ、父親へはマッサージなどの日頃の疲れを癒せるようなプレゼントをしたい、と思っても商品券のようなものも無いためその分の費用を現金で贈りたいという方もいらっしゃいますね。

そのような時は現金を贈るというのも良いのでしょうか?

現金を贈るというのは何だか味気ないような印象もありますが、初任給での贈り物という場合は少し印象が変わるようです。
というのも、頑張って育てた子供が立派に働いてお金を稼げるようになった・しっかりと自立できた、と感じれるというお母さんも多いようです。

ですのでどんなものを贈ればよいか決まらない!という方は思い切って現金をプレゼントしてみるのも良いかもしれませんね。
今まではお小遣いを貰う側だったあなたから、逆に貰うというのも成長したという事をしっかりと伝える事の出来る手段という事ですね。

またエステやマッサージなどのサービスを贈りたいという場合は、現金で贈らなくても日時を相談して予約をしてあげると良いでしょう。
そして支払いは前以て事情を説明し店側に先払いしておくという方法もあります。

その際はお店に確認を取っておくというのを忘れないようにしておいてくださいね。
もし無理な場合は現金で『今までのお礼だからこれで行っておいで』と現金を包んで渡しても問題はありませんので安心してください。

しかし上記のような対応をする方がスマートな対応で、大人になったというのをアピールできるかもしれませんね(笑)

まとめ

初任給で両親へプレゼントをしようと考えるあなたは、両親からしたら涙が出るほど嬉しい親孝行な子供です。
あなたのような子供をもったご両親はとても幸せであり、あなたを育てたご両親は素晴らしい親御さんなんだと感じます。

ありきたりの言葉ですが、親というものは子供からのプレゼントは気持ちがこもっているのなら本当にどんなものでも嬉しいものです。
例え趣味に合わないものや、自分は使わないなぁというものであっても、ずっと飾っている・一生持っているというような親も多いです。

ですのであまり悩みすぎず、かといって適当にも考えずに無理をせずに親孝行をしてあげてくだださい。
そして予算に関しても自分の生活の事も考えて決めるようにしましょう。

親を心配させないというのが一番の孝行になるともいえるのです。

スポンサーリンク

-初任給
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

ページ検索