東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

生活

液体洗剤はお湯を使うと洗浄力アップ!洗濯物をキレイに洗うコツ!

投稿日:

最近ではドラム式洗濯機が普及してきたこともあってか、粉末洗剤よりも液体洗剤の需要が高まっていますね。
粉末洗剤は溶け残りや石鹸カスが残ったりする事もありますが、液体洗剤では石鹸カスが出るという事はありません。

このような使い勝手の良さ、簡単さもあって液体洗剤を使う方は多いはずです。
しかし液体洗剤は粉末洗剤よりも洗浄力が弱いと聞いたことありませんか?

液体洗剤と粉末洗剤では、粉末の方が頑固な汚れを落とす力は強いといえるかもしれません。
しかし液体洗剤でも洗い方や使用方法で洗浄力がアップして、洗濯物をキレイに洗いあげる事が出来ます!

その方法を今回は紹介していきますので、是非読んでいってください。

スポンサーリンク

液体洗剤はお湯を使うと洗浄力が上がる!

洗濯物は洗剤がしっかりと水に溶けた状態で洗濯する事で、キレイに汚れや雑菌が落ちます。
液体洗剤は粉末洗剤に比べて水に溶けやすく作られています。

しかし、しっかりと洗剤を溶かすにはお湯を使った方が良く溶けこんだ洗剤液が出来上がります。
水にも溶けやすいと言われている液体洗剤ですが、実際はドロドロと粘性があり、まるでハチミツのようですよね。

ハチミツは水に溶かすよりもお湯に溶かす方が早く簡単に溶け込みますね。
それと同じで液体洗剤も、温度の高いお湯の方がしっかりと溶け込むのです。

さらに洗剤の為だけでなく、衣類に付着した汚れも水で洗うよりもお湯で洗う方が汚れが落ちやすくなります。
食器洗いでもそうですが、水よりもお湯を使って洗った方が汚れ落ちが良いですよね?

洗濯も同じで水よりもお湯の方が汚れ落ちが良くなるのです。
ではこの時に使うお湯の温度は何度が適切なのでしょうか?

洗濯に使う適切なお湯の温度は何℃?

水温による洗浄力の変化は10~40℃までは洗浄力が上がっていきます。
しかし40℃を超えて60℃までの間は、ほぼ洗浄力に変化は見られず、60℃を超えた時点から再度洗浄力が増加していくという実験結果があります。

この為、汚れを落とすには60℃以上のお湯を使って洗濯すると良い・・・ように思いますよね?
しかし洗濯には60℃以上のお湯を使うのは避けるべきなのです。

その理由は、3つあります。
まず1つ目の理由として水温が高ければ確かに汚れ落ちは良いのですが、一度落ちた汚れが衣類に再度付着してしまうという逆汚染(再汚染)と呼ばれる現象が起きやすくなります。

これは衣類の繊維が高温になる事により膨張し、繊維の奥へと染み込んでしまいやすくなる事が理由となっています。
またポリエステルのような合成繊維はもともと高温になると逆汚染しやすいという性質があります。

この為、高温での衣類の洗濯は確かに汚れ落ちは良くなりますが、落とした汚れが再度付着してしまい余計に汚れるという可能性もあるのです。
2つ目の理由は、60℃を超えると洗剤に含まれる界面活性剤の分子が変質し、洗浄力が落ちてしまう為です。

お湯だけで洗濯するのであればまだしも、洗濯は基本的に洗剤を使用します。
汚れを落としキレイにするための洗剤の効果が発揮できないような状態で洗濯するのは無意味ですね。

3つ目の理由は、衣類の繊維が高温に耐えれない為です。
衣類の素材によって耐熱温度は違いますが、それでも60℃の水温で洗濯をしても良いとされている衣類は恐らく無いでしょう。

衣類の取り扱い表示に書かれている温度以上の水温で洗濯をすると、繊維にダメージがかかり衣類の寿命が縮む恐れがあります。
また衣類の色落ち・変色・色移りの原因ともなってしまい、衣服をダメにしてしまう事もありますので高温での洗濯は避けましょう。

このようなデメリットがありますので、洗浄力が上がるからと60℃以上の水温での洗濯はNGです。
洗濯に使うお湯の水温は、衣類の逆汚染が無くて与えるダメージも少なく、洗剤の効果が損なわれない40℃が適切な温度となります。

ただし、衣類の取り扱い表示に30℃までのように書かれている衣類は40℃の水温で洗濯しないようにしてください。
そのような衣類は別で洗濯をするか、水温を30℃にして洗濯をするようにしましょう。

スポンサーリンク

洗濯にお湯を使うのが良い理由のまとめ

  1. 液体洗剤でもしっかりと溶かすにはお湯の方が良い。
  2. 水よりもお湯の方が洗浄力が上がる。
  3. 洗濯に使うお湯は40℃が適切、衣類によっては30℃以下の場合もあるので取り扱い表示に従う。

液体洗剤で洗濯物をキレイに洗うコツ!

液体洗剤で洗濯物をキレイに洗いあげるのに大事なポイントを紹介していきたいと思います。
この方法で洗濯を行えば、粉末洗剤よりも洗浄力が弱いと言われている液体洗剤の底力に驚くはずです。

液体洗剤の使用量は規定量をしっかりと守る

洗濯物の汚れがひどい時なんかは、洗剤をたくさん使って洗濯すると汚れが落ちるような気になってしまいますよね。
しかし、洗剤はたくさん入れたとしても洗浄力は大して変わりません。

洗剤はある一定の量を超えると、洗剤の洗浄力は横ばいとなり変化が無くなります。
その為、洗剤の無駄になるだけなので止めましょう。

さらに、最近の洗濯機は節水を謳っていないものでも十分節水仕様になっています。
その為、多量の洗剤を投入してしまうとススギを十分に行う事が出来ず、すすぎ残しが出てきます。

すすぎ残した洗剤が付着したまま洗濯を終了してしまう事が原因で、衣類から異臭が放たれるようになる事もあります。
また、洗剤が肌を刺激して肌荒れの原因にもなってしまいますので、洗剤の使用量はしっかりと規定量を守るようにしましょう。

液体洗剤をしっかりと溶かし込む

お湯を使う事で液体洗剤を溶かし込みやすくできると前項で書いてきましたが、あくまで『溶けやすくする』です。
お湯を使っているからといって、その中に液体洗剤を普通に投入するだけではやはり溶け残りが出てきます。

ですので洗濯物を入れる前にしっかりと洗剤をお湯の中で撹拌して溶かし込みましょう。
液体洗剤をしっかりと溶かし込む方法は以下になります。

  1. 洗濯機の電源を入れ、洗濯槽にお湯を低水位(20L程度)で溜める。
  2. 規定量の洗剤を投入し5~10分しっかりと『洗い』のみで回して撹拌する。
  3. 洗濯物を投入する。
  4. 洗濯物に合わせた水量のお湯を溜める。
  5. そのまま通常通りに洗濯をすればOK。

お湯を溜める際はお風呂の残り湯を使用しても大丈夫です。
その代わりすすぎはキレイな水道水で行うようにしましょう。

洗濯機の水栓からお湯を出せる家庭や、洗濯機にお湯で洗濯する機能があるのであればそちらでも問題ありません。

洗濯物をいれる順番を考える

上記の液体洗剤の溶かし込みの手順でも書いているのですが、洗濯物を投入するのは一番最後にしましょう。
通常は洗濯機に衣類を投入してから注水や洗剤の投入をすると思いますが、洗剤を溶かし込んだお湯で洗濯をする為には最後に衣類を入れるようにしましょう。

洗濯時間を考える

洗濯物をキレイに洗う『洗濯機の洗い』の時間ですが、大抵の方はキレイにしたいからと一番長い時間で設定していませんか?
洗濯は洗い時間が延びればその分キレイになるわけではありません。

ある一定の時間を過ぎると、汚れの落ち具合は一定になり変化は無くなります。
さらに長時間洗いを続けると、落ちた汚れが再度付着する逆汚染を引き起こしてしまう可能性もありますので適切な時間を設定するようにしましょう。

では洗濯時間は何分が適切なのか?ですが、それは5分が目安となります。
5分を過ぎると洗浄力は横ばいで変化しなくなります。

ではなぜ5分以上の洗濯コースが洗濯機には備えられているのかというと、さすがにヒドイ汚れは5分では落としきる事は出来ません。
その為、5分を超えた洗濯コースが備えられているのです。

ですのでヒドイ汚れの場合は5~10分ほど洗うと良いでしょう。
それ以上の時間洗うと逆汚染を引き起こす可能性がありますので、長時間洗うくらいなら2度洗いをするようにしましょう。

一度の洗濯物の量を減らす

洗濯機で一度に洗える洗濯物の量というのは機種やサイズによってさまざまです。
しかしどんな洗濯機でも共通していえる事は、洗濯機の最大容量の7割程度で洗濯をするようにするべきという事です。

洗濯物の量が多いと全ての洗い物にしっかりと洗剤の効果が作用しない恐れがあります。
さらに昔のものよりも少ない水量で洗濯が出来るようになっている為、水に溶け込む汚れが濃くなってしまいます。

ですので、洗濯物は洗濯機の最大容量いっぱいで洗うよりも、7割程度の量で洗う方がキレイに洗いあがります。

まとめ

いかがでしたか?
洗濯をする時にお湯を使ったり洗剤をしっかりと溶かしたりするのは、時間の無い主婦の方や一人暮らしで休みの日しか洗濯出来ない方にとってはとても面倒かもしれません。
しかししっかりとこの方法で洗濯する事によって、キレイに洗いあがるだけでなく、洗った後なのにイヤな臭いがするという事もなくなります。

同じ洗濯機・同じ洗剤を使っても洗濯の方法を変えるだけで、洗濯物の仕上がりが全く変わってきます。
どうせならキレイに洗えた方が気分が良いですよね。

洗濯する時の液体洗剤の入れ方は大丈夫?正しい使い方してる?

スポンサーリンク

-生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

洗濯する時の液体洗剤の入れ方は大丈夫?正しい使い方してる?

初めての一人暮らしを始める方、自分の洗濯物は自分で洗濯しようと思っている方、もうずっと洗濯はしてきてるというベテランの方。 洗濯機へのちゃんとした液体洗剤の入れ方は知ってますか? スポンサーリンク 適 …

ページ検索