東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

節約

固定費を見直し賢く節約!この項目をチェック!

投稿日:2017年9月4日 更新日:

固定費とは毎月や毎年のように一定期間ごとに一定の金額を支払う費用のことです。

固定費を見直すことは、日々の節約よりも重要で効果があります。

固定費は一度見直し節約することができればその後も継続的に効果が続くことが特徴です。

なので、一度頑張ってしまえばあとは何もしなくてもいい楽な方法です。(定期的に見直しはしたほうが良いこともあります)

では、いくつかの項目ごとにご紹介していきます。

スポンサーリンク

住宅費を見直そう!



住宅費は固定費の中で最も支出が大きくなりやすい項目です。

ここを見直せば、大きく節約できる可能性があります。

節約の方法としてはまず引越しをできないか検討してみましょう。

例えば

    • 現在使っていない部屋がある

使ってない部屋の分無駄な家賃を余分に支払っている可能性があります。

    • 駅近などの高立地な物件に住んでいる

立地が良いところは家賃相場が上がる傾向にあります。
絶対にそこでないといけないのか?多少離れても自転車などを使うことによってあまり変わらない生活をおくれないか?など自分のなかでよく考え検討してみましょう。

このような方は引越しをして家賃を安くできないか検討してみてください。

他には、更新月に家賃交渉をしてみるという手もあります。

当然のことながら住み始めた当初より築年数が経っている訳ですから物件の価値はもちろん下がっています。なのでうまくいけば交渉できる可能性もあります。

ただしその場合は大家さんとの関係が悪化する場合もあるので注意が必要です。

持ち家の方は住宅ローンの借り入れ先を変えることで安くならないか考えてみましょう。

今はネット銀行なども普及してきて金利を低く借り入れできるところも多いですので、探してみてください。

ただし、借り換えの際には事務手数料などけっして小さくない費用がかかってきますので、それも頭に入れトータルでどれだけ節約できるかをしっかり検討したうえで行ってください。



保険料を見直す!



保険料と一言で言ってもたくさんありますが、なかでも見直したいのは【生命保険】【医療保険】【自動車保険】などの民間保険です。

自動車保険に関しては保険ですが、項目としては自動車関連として考えられます。

保険料は3大支出のひとつに数えられるくらいの支出です。何十年もの間毎月(または毎年)支払い続けるため、トータルで見ると莫大なコストになっています。

なので保険料はしっかり、じっくりと見直してみてください。

まず、考えるのは今入っている保険が本当に必要なものなのかどうか?ということです。

保険の本来の役割は『いざという時』に『個人ではどうにもならない』費用を肩代わりしてもらうために加入するものです。

つまり、しっかりと自分で貯蓄しその範囲で賄うことができる程度の保険であればわざわざ加入する必要はありません。

また、個人ではどうにもならないような額を保障してくれる死亡保険などに関しても、保障額が多すぎないか?を考えることによって節約できます。

医療保険に関しては、日本には高額療養費制度というものがあるため、ひと月の医療費の支払いには上限があります。

確かにその時の医療費の出費は痛手です。

しかし、そのもしも(あっても1~2回ほどの保険の利用)の為にそれ以上の保険料を支払うのはやはり無駄と言わざるをえません。

人生なにがあるか確かにわかりません。どれだけ確率が低かろうとその不運に自分が遭遇するかもしれません。

なので、じっくりと健闘してみて自分にこれは必要と思うものだけを残し、それ以外の無駄と思えるものに保険料を支払うのはやめにしましょう。

一番ダメなことは、「だいたいこれくらいでいいかな?」「保障は少しでも多い方が安心だよね!」のように深く考えずに契約をし、見直すこともしないということです。

保険会社に支払う費用の何割かは保障の費用ではなく、会社の売上げになっているということを意識してください。

たとえ保険をかけていなかったとしても、その浮いた分でいざという時を賄える貯蓄ができれば保険は必要ないのです。

今は「保険の窓口」など保険の相談が出きるところもあるのでうまいこと利用してみてください。

また、貯蓄代わりに保険を利用している方もいると思いますが、満期を迎えるまでいざという時や自分の使いたい時に使えないのでは貯蓄の意味がないのでそのあたりもよく考えてみてください。

たとえば、その保険代を運用してみるというのもひとつの選択肢だと思います。

保険にはいろいろな種類やオプションがあり面倒だと感じると思いますが、一度の努力で今後が楽になる可能性がありますので、是非この機会に見直してみてください。

スポンサーリンク

通信費を見直す!

通信費といえばやはりスマホの利用料が真っ先に思い浮かびますね。

他には、自宅で利用しているWi-Fiなどのインターネット代や固定電話の費用などがあります。

    • スマホを節約

スマホの節約で一番簡単なのは今のキャリア(docomo・au・Softbank)でもっと安くなるプランを調べるか店舗で直接質問することです。

また、格安スマホや格安SIMといわれるものに乗り換えれば格段に毎月の利用料が節約できるためこちらも検討してみてください。

    • インターネット代を節約

インターネット代を節約するには、光コラボとよばれる携帯とセットで契約することで割引きされるサービスを利用することです。

契約している携帯キャリアにそのサービスが無いかを調べ、できるなら乗り換えを検討してみてください。

もし、あなたが自宅でパソコンを使用する事が少ないのであればインターネット契約をやめ、テザリングを使用するのもいいと思います。

テザリングなら携帯料金に数百円プラスするだけで、携帯回線を使用しパソコンを利用できますので使用頻度の少ない方はぜひ検討してみてください。




自動車について見直そう!



自動車のある生活をしている方にとっては自動車のない生活は想像できないかもしれませんが、自動車を所有するだけで決して無視できないような出費になっています。

【ガソリン代】【高速代】【駐車場代】【自動車保険】【自動車税】【車検費用】【消耗品交換費用・修理費用】

これらの費用だけでなく、ローンで購入しているならそれも上乗せでかかってきます。

決してバカに出来ない出費ですよね。

もし、あまり乗ることがなかったとしても自動車保険料や車検費用は大きくは変わらず、自動車税や駐車場代は乗る乗らないにかかわらず同じだけかかってきます。

なので、難しいとは思いますが思い切って車を手放すという選択も検討してみてください。

今はレンタカーやカーシェアリングというサービスも普及してきていますので、ご自身の家庭環境を考えしっかりと検討してみてください。



まとめ



どうでしたか?

今回紹介させていただいたこれらの節約は一度行うとその後ずっと効果が続きます。

最初は確かに手間がかかりますがそれをやってしまえば後は普通に生活しているだけでしっかりと節約されているというわけです。

面倒がらずにしっかりと固定費の削減を実施して無理なくゆとりのある生活にむけて頑張ってみてください!

スポンサーリンク

-節約
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

格安SIMで携帯代が1000円代に?!メリットとデメリット

みなさんは携帯代に毎月いくら支払ってますか? スマホを持ってるみなさんなら安くても6,000円以上かかっているのではないでしょうか? 人によっては10,000円を超えてる人もいるのではないですか? 一 …

ガス代の節約!お風呂で出きる簡単な方法

毎月ガス代の請求を見て高いと悩んでいませんか? ガス代ってそんなに使ったつもりが無くても意外と高額な請求がきますよね。 出きれば、ガス代を安くあげたいと思いませんか? 普通の生活の中で一番ガスを使用す …

クレジットカードで節約!お得に賢く使おう

クレジットカードを使ってなんで節約になるの? クレジットカードって逆にお金が無くなっていく気がするんだけど? クレジットカードってついつい使ってしまうしなんか怖い! そう思ってクレジットカード自体を持 …

賢く貯金をする5つの方法!これで貯金体質に!

貯金をしようとは思ってもなかなか思うようにはいかないと感じることはありませんか? 頑張って節約してるはずなのに、気づけば残高が残り僅か・・・ みんなはどうやって貯金をしてるんだろう? 貯金を増やしてい …

水道代の仕組みを見て節約方法を考える!お風呂やトイレの使い方を見直そう

隔月で請求のくる水道代。 請求書が届くと請求額をみて憂鬱になってませんか? 2か月分まとめてくるので請求月はどうしてもお財布が淋しくなりがちですよね。 そんな水道代を少しでも安くする為の簡単な節約法を …

ページ検索