東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

節分

節分の鬼は何を意味する?なぜ豆が嫌いなのか?色での違いも調べてみた

投稿日:

2月3日は節分の日ですね。

節分といえば子どもの頃は豆まきをして鬼を追い払いましたよね。
そして最後に歳の数だけ豆を食べていました。

その頃は疑問に思いませんでしたが、なぜ節分には鬼がやってくるのでしょうか?
そもそも鬼とは何を表しているのでしょうか?
鬼は豆が嫌いだから豆まきをするのだと子供の頃に聞きましたが、なぜ豆が嫌いなのか?

気になったので節分の鬼について調べてみました。

同じように気になった方は是非ご覧ください。

スポンサーリンク

節分の鬼は何を意味するのか?

節分になると豆を撒いて鬼を追い払うものだと子どもの頃に聞きましたが、なぜ節分には鬼がやってくるのでしょうか?

そもそも節分とは立春・立夏・立秋・立冬と季節が改まる日の前日の事です。
ですので節分とは1年に4回、春夏秋冬の季節の変わり目のたびに訪れるものです。

昔の日本は現在と違い太陰暦と呼ばれる暦で一年を考えていたのですが、その暦の上では立春に新年を迎えるとされていました。

新年を迎える立春の前日はつまり大晦日です。
この一年最後の日の節分は4度ある節分の中でも特に重要視されており、現在は節分といえばこの立春前日の事を指すようになったのです。

そして季節の変わり目、特に年の変わり目には邪気が集まるとされており、その邪気を古くからと例えるようになりました。

鬼とは『隠(おぬ)』『陰(おん)』に由来するもので目に見えない邪気・この世の者とは思えないものという意味があります。
その為、昔は災害や疫病などの災難は鬼のせいだと思われていました。

現在でも季節の変わり目には体調を崩しやすいから気を付けるようにと言われていますが、このような災難を鬼のせいとしていたのです。
この鬼(邪気)を追い払い、健康に過ごせるようにとの願いをこめ、豆まきをするようになったのが節分の行事となります。

つまり節分に付き物のとは『病気などの災難』を意味しています。

節分の鬼はなぜ豆が嫌いなのか?

節分の『病気などの災難』の事だと前項で説明させてもらいました。

ではその鬼はなぜ豆を撒くと追い払えるのでしょうか?
鬼は豆が嫌いだとされている理由は何なのでしょうか?

そもそも節分に豆を撒くのは昔の中国で行われていた『追儺(ついな)』と呼ばれる行事が元になっています。

それが日本に伝わり今の節分行事になっています。

節分の豆まきの意味や由来を確認⇒節分に豆をまく意味は?子どもにも分かる説明の仕方と正しい方法

スポンサーリンク

そもそも『鬼が豆を嫌い』というわけでは無く、古くから穀物には穀霊が宿るとされており、魔除けのチカラがあるとされていました。
そして豆(大豆)はお米よりも大きかったというのと、魔(鬼)を滅するという意味の『魔滅(まめ)』にかけて大豆を撒くようになったのです。
さらに豆を使い鬼を退治したという伝説もあり、豆を撒くというのが浸透したのでしょう。

炒った大豆を使うのも語呂合わせですね。
炒ると射るをかけているようです。

しかし、このような説明を子どもにしても難しい為『鬼は豆が嫌い』だから豆を撒くのだと説明するうちに、鬼は豆が嫌いという話が定着したのではないでしょうか。

鬼は色で違いがあるのか?

鬼と言えば赤鬼や青鬼が有名ですよね。
他にも黄色い鬼や緑の鬼に黒の鬼までいます。

鬼は『目に見えない』ものの象徴だと前項で説明しましたが、なぜ目に見えない省庁にこのような多様な色があるのでしょうか?

調べてみると5色の鬼は仏教の五蓋という教えからきているものでした。
五蓋とは瞑想修行を邪魔する5つの障害、すなわち煩悩のことです。

それぞれの鬼によって省庁するものが違い、追い払う鬼によって願いが違います。

各鬼についてをまとめました。

赤鬼
五蓋でいう貪欲蓋 ≪欲望・渇望
人の悪の心を象徴する。

豆をぶつける事で自分の中の悪い心を取り除くことが出来る。

青鬼
五蓋でいう瞋恚(しんに)蓋 ≪憤怒・憎悪・貧相
怒りや憎しみの心を象徴する。

怒りや憎しみに囚われる貧相な心をもつ自分自身へ豆をぶつける事により、徳・福を呼び込む。

黄鬼
五蓋でいう掉悔(じょうけ)蓋 ≪掉挙(じょうこ)・悪作(おさ)・心の浮動・後悔・我執(わがまま)
わがままな心を象徴する。

自己中心的な甘えを反省し、公平な判断が出来る心を願って豆をぶつける。

緑鬼
五蓋でいう睡眠蓋 ≪睡眠・倦怠・眠気・不健康
怠惰な心・不健康な心身を象徴する。

不摂生を反省し、心身の健康を願って豆をぶつける。

黒鬼
五蓋でいう疑(ギ)蓋 ≪疑い・愚痴
卑しい心を象徴する。
卑しい気持ちを反省し、心の平穏を願って豆をぶつける。

以上が各鬼の説明になりますが、どうでしたか?
仏教の教えからきているだけあって少し小難し・・・ややこしいですね。

しかしこのような意味があると意識して行事に参加すると自分の中から意識が変わっていけるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
節分で追い払うとされている鬼ですが、実は目に見えない厄災などの象徴とされていたのですね。

この鬼を追い払い一年の健康を祈るのが節分という事ですね。

そして、鬼にはいろいろな色があり、それぞれに意味するものが違うというのも驚きでした。

しかし子供たちと豆まきをするにはややこしいですし、あまり気にしなくて良いですね。
しかし、折角ですので鬼役の方は『黄鬼』に扮して子供たちのワガママを直してみましょう!

スポンサーリンク

-節分
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

節分に柊を飾るのはなぜ?いつから飾るかと、その飾り方を調べてみた

お正月になると門松や鏡餅を飾るように、節分の日には柊を飾るというのを聞いた事ありませんか? スポンサーリンク 節分に柊を飾るのはお正月の門松や鏡餅ほど有名ではありませんが、聞いた事がある人は多いと思い …

節分の豆まきの意味は?子どもに説明するポイントと例文

2月は冬の寒さもピークになる頃ですね。 しっかりと厚着をして風邪などひかないようにしている事と思います。 このようにとても寒くなってくる時期ですが、2月は立春を迎え季節としては春が始まる月です。 暖か …

節分の豆まきの方法は?炒り豆の作り方とその他の鬼の嫌いなものを調べてみた

節分にやってくると云われる鬼。 この鬼を追い払うために行うのが節分の豆まきですね。 この節分の豆まき最近では昔ほど見かけなくなりましたが、幼稚園や保育園・小学校などでもやっているのでしょうか? このよ …

節分でよく聞く恵方の意味は?その方角の決め方と恵方巻きの食べ方のルール

2月に入るとすぐに節分の日が来ますね。 節分の日には豆まきをしたり最近では恵方巻きを食べるのも習慣化しつつありますね。 この恵方巻きを食べる時に向くと言われている恵方とは一体何なのでしょうか? そして …

ページ検索