東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

年末 新年

除夜の鐘の意味と由来は?108回な理由と始まる時間

投稿日:

12月31日大晦日。
この1年最後の日は夜になると除夜の鐘が鳴り響きますね。

『ぼぉ~ん、ぼぉ~ん』とこの鐘の音を聞くとあぁ今年も終わりだなぁと実感しますね。

去る年にしみじみと感慨にふけったり、また来る年の事に思いを馳せワクワクしたりと、
この瞬間は不思議なものですよね。

この鐘の音は私たち日本人にとってはとても特別に感じるものなのかもしれませんね。

その除夜の鐘の意味や由来について書いていこうと思いますので是非お読み下さい。
また、108回鳴らす理由と始まる時間帯についても書いていきます。

大晦日が終わったら初詣⇒初詣で混雑を避ける方法と参拝マナー
初詣でひくお御籤については⇒初詣でおみくじは引き直してもいい?作法やルールはあるのか?

スポンサーリンク

除夜の鐘の意味と由来

大晦日の夜になると鳴らす除夜の鐘
何故この日にお寺の鐘を鳴らすようになったのでしょうか?

本来お寺の鐘は大晦日以外にも時刻を報せる為などに鳴らされていました。
しかし、今ではそのような理由で鳴らすお寺も少なくなってきたように思います。

しかし普段では鐘をあまり鳴らさないお寺であっても除夜の鐘だけは鳴らしていたりします。

この除夜の鐘の『除夜』とは除日の夜の事を指します。
『除日』とは一年最後の日、つまり大晦日の事です。
『除』という漢字には古いものを捨てて新しいものに移るという意味があります。
古い物(旧年)を除き去り、新しいもの(新年)に移る日という意味で大晦日の事を『除日』というそうです。

この除日の夜に鳴らす鐘の事を除夜の鐘と呼びます。

除夜の鐘には『鐘の音を聞く事で旧年中の自分の罪を振り返り、新年を潔白な心で迎える』という意味があるそうです。

そしてこの除夜の鐘は旧年中に『107回』鳴らし、新年を迎えると『最後の1回』を鳴らします。

除夜の鐘が108回な理由

除夜の鐘を鳴らす回数は108回だというのはみなさんご存知かと思います。
しかしなぜ108回鳴らすのでしょうか?
その理由は諸説ありますので以下で説明していきます。

人の煩悩の数が108あるとされている説

人間には煩悩が108あり、鐘を1回鳴らす度に1つ煩悩を祓うという説。
これが一般に最も知られた説ではないでしょうか。

煩悩とは何かですが、これにも諸説あります。
なかでも有名なものがこちらになります。

スポンサーリンク

煩悩とは人の五感に感覚を一つ足した六感をまとめて『六根』と言います。
その六根とは『眼根(視覚)・耳根(聴覚)・鼻根(嗅覚)・舌根(味覚)・身根(触覚)・意根(意識)』になります。
これら六根を『好(気持ち良い)・平(何も感じない)・悪(気持ち悪い)』の3種に分け、
さらにそれぞれを『浄(きれい)・染(汚い)』に2種に分け、
これらに『過去・現在・未来』の3種の時間が加わり、
6×3×2×3=108煩悩となるとされる説です。

この他にも『貪・瞋・痴・慢・疑・見』の根本煩悩を柱とし、派生する煩悩が108あるとする説もあります。

1年を表すとされている説

108回の鐘で1年を表しているとされる説です。
どういう事かというと、

月の数=12
二十四節気の数=24
七十二候=72

このように月の数と季節の数を全て足すと
12+24+72=108となります。
よって1年を表しているとされる説です。

四苦八苦を取り除く為とされる説

あらゆる苦、『四苦八苦』を取り除くとされている説です。
ここでいう『苦』とは苦しいという意味とは違い思い通りにならないという意味です。

『生・老・病・死』の根本的な4つの苦(思い通りにならない事)≪四苦≫に加え、
『愛別離苦・怨憎会苦・求不得苦・五蘊盛苦』の4つの苦(思い通りにならない事)を加えた≪八苦≫で四苦八苦といいます。

四苦(4×9)+八苦(8×9)=108になり、四苦八苦を取り除く為に108回鐘を鳴らすという説です。
面白い説ですが、後付け感がすごいですね。

除夜の鐘の始まる時間

除夜の鐘の事についてを書いてきましたが、最後にその除夜の鐘は大晦日の何時ごろから鳴らし始めるのかを書いていきます。

除夜の鐘は108回鳴らしますが、旧年(大晦日)の内に107回鳴らして深夜0時を過ぎてから最後の1回を鳴らします。
基本的にはこのように年を跨いで鐘を鳴らすようですが、これも寺院によって違うようです。

寺院によっては旧年中(大晦日)に108回鳴らし終わるところや、108回以上鳴らす所もあるそうです。
基本は寺院の関係者が鳴らしますが、希望すれば一般の方でも鐘を撞かせてくれる所もあります。

そして除夜の鐘108回を鳴らし終わるまでにかかる時間はおおよそ50分~60分と言われています。
これを考えると除夜の鐘を鳴らし始めるのは23:00頃からになります。
早いところでは22:00頃から鳴らし始める寺院もありますが、これ以上早いところは無いでしょう。

まとめ

1年最後のイベントである除夜の鐘。
108回の鐘の意味は煩悩を振り払うというのが有名な説ですが、他にも謂れがありましたね。

煩悩の意味やその他の意味などを知って、今年の除夜の鐘はいつもとは違う気持ちで聞きいつもとは違った気持ちで新年を迎える事が出来るかもしれませんね。

大晦日が終わったら初詣⇒初詣で混雑を避ける方法と参拝マナー
初詣でひくお御籤については⇒初詣でおみくじは引き直してもいい?作法やルールはあるのか?

スポンサーリンク

-年末, 新年
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

厄除けと厄払いと厄落としの違いは?両方するもの?

厄年になると災難が降りかかったり、不幸が訪れるって聞きますよね。 ですので厄年にはしっかりと厄払いをしよう! そう思っている方もたくさんいらっしゃるかもしれませんね。 スポンサーリンク でもちょっと待 …

お年賀とお歳暮は両方送るもの?それらの違いと知っておくべきマナー

年末が近づいてくるとたくさんの行事があります。 その中でも季節のご挨拶行事にお歳暮とお年賀がありますが、みなさんはどうしてますか? お歳暮とお年賀両方贈っていますか?それともどちらか一方ですか? これ …

お正月の鏡餅はいつまで?しめ飾りはいつはずすのか?

みなさんはお正月準備は何をしましたか? お正月を迎えるためにはいろいろな準備がありますよね。 家を隅々まできれいにする大掃除・お正月に食べるおせちの準備・お正月を迎えるための鏡餅やしめ縄などの正月飾り …

厄年の男性には長いものが良い?オススメの贈り物の提案

厄年には何か良く無い事が起きるというのはよく聞きますよね。 厄年だからと何かが起こるという事には何の根拠もありません。 ですが、自分の周りでも厄年には災難や不幸があったとの話を聞く事ありませんか? そ …

お歳暮は自分が喪中でも送る?のし紙の選び方などマナーも紹介

喪中には祝い事などのおめでたい行事を避けるものですよね。 年賀状を出したり門松や鏡餅を飾るなどのお正月行事を控えるのも通例です。 スポンサーリンク では、お歳暮はどうでしょうか? お歳暮は年末に行う季 …

ページ検索