東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

ひな祭り

ひな祭りにハマグリを食べる理由は?お吸い物で食べる効果とは?

投稿日:2017年11月15日 更新日:

ひな祭りに食べる定番料理といえば何が思い浮かびますか?
地域やご家庭の習わしなどで出てくるメニューに違いがある事もあると思います。

しかし、一般的にひな祭りに出てくる定番料理といえばちらし寿司やハマグリのお吸い物では無いでしょうか。

今回はこのハマグリについて書いていきたいと思います。
ハマグリはなぜひな祭りに食べるのでしょうか?

ハマグリに込められた意味合いは何なのか?
何故ハマグリが食べられるようになったのか?

ここではひな祭りにハマグリの何故?についてを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ひな祭りにハマグリを食べる理由は?

ひな祭りになるとスーパー等でもハマグリを大々的にアピールしているところもありますよね。
それだけ浸透しているハマグリ。

しかし3月3日にハマグリを何で食べるのか、というのは知らない人が多いのではないでしょうか?
ひな祭りだからと何故ハマグリが当たり前のように食べられるようになったのか?

それにはいくつかの理由があります。
それをご紹介していきたいと思います。

もともとひな祭りとは男女の区別なく行う行事であり、今のように『良縁に恵まれる』という願いを込めたものではありませんでした。
人形を自身(子ども)の身代わりとして災厄を引き受けさせ、穢れを祓うという『人形(ひとがた)であり、厄祓い』を目的とした習わしでした。
その為ハマグリを食べるという風習は当時には存在しませんでした。

しかし、このような風習は存在しなかったのですがひな祭りを行う春は貝が旬を迎える時期ですのでよく食べられてはいました。

この頃は身代わりの人形というのも川へ流す『雛流しの原型』となる行事を行っていたのですが、人形作りの技術が発展する頃には人形を川へ流すという事は無くなり家に飾るようになっていました。
この頃から『桃の節句は女の子』『端午の節句は男の子』の行事として浸透していき、男雛と女雛の人形を飾って幸せな結婚(良縁に恵まれる)を願う行事となります

良縁を願うという意味合いも含まれるようになったひな祭りには相応しい食材が必要にもなりますよね。
ですのでひな祭りにはハマグリを食べるようになったのです。

ハマグリは平安時代の貴族の間では『貝合わせ』という遊びで使われていました。
貝合わせとは神経衰弱やカルタのように対となる貝殻を見つける遊びです。

これはハマグリの貝殻が上下の1セット以外ではぴったりと合わさる事が無く、他の貝殻では絶対にキレイには合わさらないという特徴を使った遊びです。
このようにハマグリは他の貝殻とは決して合わず、合うのは対となる1枚だけという所から

自分と相性の良い人が見つかるようにという良縁・夫となる男性と添い遂げる事が出来るようにという貞節

このような意味をもつ縁起食材となっており、ひな祭りには定番の物として食べられるようになりました。

スポンサーリンク

上記のような意味合いの縁起食材の為、昔は嫁入り道具の一つとしても使われていたそうです。
それが『貝桶』と呼ばれる、旧暦で1年間の日数分(360個)のハマグリを新郎の家へ運び込むという風習です。
『通年の夫婦和合を象徴する』という事でこの風習が行われていました。

ハマグリがもつ縁起の良い意味合いを知ると、ひな祭りにはピッタリな食材だと感じますね。

最後に理由をまとめます。

1.貝類の旬の時期がひな祭りの行われる春であった為
2.ひな祭りが女の子の行事として浸透した為
3.ハマグリが良縁・貞節の意味をもつ縁起食材である為

ハマグリをお吸い物で食べる効果とは?

ハマグリがもつ縁起の良い意味合いについては前項を読んでいただき理解していただけと思います。
しかし、ひな祭りにはハマグリの『お吸い物』を食べるのが定番となっていますよね?

これには何か理由があるのでしょうか。

前項でも書いているようにハマグリ自体に縁起の良い理由があるのであって、必ずしも『お吸い物』として食べないといけないという事ではありません。

ですので『お吸い物』で食べても『酒蒸し』で食べても『パスタ』にして食べても何の問題もありません。
しかしハマグリはとても栄養価の高い食材であり、健康や美容にも効果があると云われています。

そんなハマグリですので、無駄にせずに全部の栄養を頂いてしまいたいですよね?
お吸い物として食べると栄養が流れ出たりしないので、実はとても理にかなった食べ方なのです。

それではハマグリに含まれる栄養素を見ていきましょう!

美肌効果 亜鉛

ハマグリに含まれる亜鉛には美肌効果があると云われています。
亜鉛には『新陳代謝・細胞分裂の活性化』をさせ『アルコールの分解速度を速める』効果もあるそうです。

新陳代謝と細胞分裂を活性化させる事で、肌荒れやニキビの改善に期待が出来ます。
またアルコールの分解速度を速める効果もあるので、ひな祭りでお酒を飲む大人の方にはうってつけですね。

ダイエット効果 グルタミン酸

ハマグリの旨み成分のひとつであるグルタミン酸にはダイエットにも効果があると云われています。
グルタミン酸には『利尿作用』があり『脂肪の蓄積を抑える』効果があるとされています。

利尿作用があるという事はむくみにくいという事ですね。
さらに脂肪の蓄積を抑えるという事でダイエット効果も期待できます。

疲労回復 タウリン

ハマグリに含まれる成分タウリンには疲労回復の効果があるとされています。
その他にも『肝機能を高める』効果があり、アルコール分解速度を速める、『眼精疲労への効果』などもあるとされています。

美肌効果 グリシン

ハマグリにはグリシンという成分が含まれています。
このグリシンには『肌の潤い・ハリを保つ』効果がある、つまり美肌に効果があるとされています。

まとめ

ハマグリをひな祭りに食べるようになったのは女の子の為の行事になってからでした。
しかし旬の時期の食べ物の為、風習として行事食にはなっていなかっただけでおそらく昔から食べられてはいたのでしょう。

そしてハマグリには娘の幸せを願う親の愛情が込められていましたね。
良い方と結婚して健康にそして幸せに過ごしていってほしいという愛情が形になっていたのですね。

ひな祭りと定番料理の意味や由来と雛人形の名前や飾る時期に処分方法まで【まとめ】

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

初節句は女の子が早生まれならいつする?雛人形はいつ買うのが良い?

女の子の誕生おめでとうございます! 女の子なら3月3日に桃の節句のお祝いをしてあげないといけませんね。 スポンサーリンク 雛人形を飾って雛あられやちらし寿司を用意して、みんなで集まってお祝いをする。 …

ひな祭りの意味と由来は?雛人形はいつから飾る?片づける時期は?

3月3日は女の子のお祭りであるひな祭りです。 ひな祭りは日本において女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。 節句とは中国から伝わった、伝統的な年中行事を行う季節の節目の日です。 節句は5回あり …

雛人形を処分するのに時期や方法ってある?寄付することは出来ないのか?

雛人形は女の子のいるご家庭では、時期になると大抵飾られていますね。 小さい頃は毎年ひな祭りになると雛人形を飾るのが嬉しかったと思います。 しかしだんだんと大人になるにつれて飾る機会も減っていき、押入れ …

ひな祭りに桜餅を食べる意味は?関東と関西では違う?葉っぱは食べる物?

ひな祭りとは桃の節句とも呼ばれる女の子のためのお祝い行事ですよね。 『春』『桃』『女の子』とひな祭りのイメージカラーというものがあれば10人中9人は『ピンク』だと答えるのではないでしょうか? ひな祭り …

雛人形の人形の名前と飾る意味

3月3日はひな祭り ひな祭りには雛人形を飾って女の子のお祝いをしますね。 スポンサーリンク この雛人形ですが、最近では祖父母と同居することも少なくなり昔のような床の間のある家も減ってきました。 その為 …

ページ検索