東雲のネットニュース

このサイトは運営者東雲が気になる情報などを定期的に投稿していくものです。ここに訪ねて頂いた皆様のお役に少しでもたてれば幸いです。

ひな祭り

ひな祭りに食べるひなあられの由来とは?3色や4色なのに意味はある?

投稿日:2017年11月18日 更新日:

ひし餅に雛あられ、ちらし寿司ハマグリとひな祭りには欠かせない定番料理というのがいくつかありますね。
今回はこのうちの雛あられについて書いていこうと思います。

雛あられとはピンクや緑、白といった3色の鮮やかな見た目のお菓子です。
ひな祭りの時期になるとスーパーなどのお店でよく見かける事と思います。

この可愛らしいお菓子は一体なんの為に食べるものなのでしょう?
毎年この時期になると見かけるようになるからには何か理由がある食べ物のはずです。

雛あられが食べられるようになった由来、これについて書いていこうと思います。
併せてあのような鮮やかな色彩の理由というものもありますのでご紹介いたします。

スポンサーリンク

ひな祭りに食べるひなあられの由来とは何か?

雛あられがひな祭りに食べられるようになった由来は平安時代にまで遡ります。
その当時平安の宮廷では貴族の娘たちの間で、人形を擬人化させ身の回りの生活用品等に似せて作ったものを使って遊ぶという『おままごと』が流行っていました。

これはひな祭りの由来にも関わる『ひな遊び・ひいな遊び』と呼ばれる遊びです。
平安時代ではこの人形はまだ紙で作ったものだったのですが、江戸時代に入ると人形作りの技術も発展し雛人形と呼ばれるひな祭りに飾る人形へと変わっていきました。

この雛人形にも天気の良い日は外の野山を見せてあげる為、山などの高いところへと飾る『雛の国見せ』というものが流行しました。
この『雛の国見せ』の為に出かける時に食べるおやつとして雛あられが用意されたのが始まりだとされています。

雛あられが3色や4色なのに意味はある?

お出かけの際のおやつとして始まった雛あられですが、3色または4色と鮮やかな色の可愛らしいお菓子ですね。
しかしその分手間もかかるでしょうが、何故このような鮮やかな色になったのでしょうか?

スポンサーリンク

実は雛あられは、外で飲食を楽しむ際に食べやすいようにとの配慮から『ひし餅を砕いて作ったもの』と云われています。
その為、ひし餅と同じ『』の3色が雛あられに使われているのです。

このような理由から3色の雛あられにはひし餅と同様の意味合いが込められています。

桃色 血液の色
生命のチカラ
白色 純白の雪
雪の大地のチカラ
緑色 芽吹く新緑
木々のチカラ

このように様々な自然のチカラを雛あられを食べる事で体内に取り込み、健康と成長を願うという意味が込められているのです。
この他にも魔除け・邪気祓いなどの意味合いもあるのですが、それはひな祭りにひし餅を飾るのはなぜ?色や順番と形に意味はあるのか?を参照ください。

また、3色の雛あられに黄色が加わった4色のものも見かけた事がある方もおられると思います。
この4色の雛あられのそれぞれの色の意味は少し変わってきます。
それをまとめたものがこちらです。

桃色 春の花の色 春の季節
緑色 夏の生い茂る緑の色 夏の季節
黄色 秋の紅葉の色 秋の季節
白色 冬の降り積もる雪の色 冬の季節

このようにそれぞれの色が1つの季節を表しており、4色全てで四季つまり1年を表しています。
これらの4色の雛あられには1年間健康で過ごし無事に成長出来ますようにという願いが込められているのです。

3色のもの4色のものでそれぞれの色がもつ意味合いが変わってきますが、ひなあられに込められた願いは『娘の健康と成長』という子どもを思う親心なのです。

まとめ

ひなあられとは外出時に手軽に食べる事ができるように用意したおやつだったのですね。
桃の節句には雛人形をもって外出するのが流行した為できたものでしたが、もともとの素材がひし餅である為込められた願いというものも似通った物になっていました。
しかしどちらも娘が幸せであってほしいという願いが込められたものなのです。

当時は『雛の国見せ』や『雛の使い』『雛合わせ』など雛人形がとても人気があったのです。
これにも娘の分身であるという理由があったのかもしれませんね。

ひな祭りと定番料理の意味や由来と雛人形の名前や飾る時期に処分方法まで【まとめ】

スポンサーリンク

-ひな祭り
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

白酒をひな祭りに飲む理由とは?甘酒との違いって何?

3月3日桃の節句に行われる年中行事『ひな祭り』 この行事では色々な定番の行事食というものがありますね。 スポンサーリンク ちらし寿司やハマグリのお吸い物など小さい頃に食べた記憶があるんじゃないでしょう …

ひな祭りと定番料理の意味や由来と雛人形の名前や飾る時期に処分方法まで【まとめ】

3月3日といえばひな祭り!別名【桃の節句】とも呼ばれる女の子の成長をお祝いする年中行事ですね。 スポンサーリンク この日には飾った雛人形を愛でながら、豪華な料理や白酒・甘酒をみんなで飲んで食べて遊んで …

初節句の女の子への雛人形は誰が買うもの?いつ買うのが良い?親のお下がりでも良いの?

女の子が産まれて初めての3月3日は初節句となり、お祝いをする家庭が多いですね。 この節句行事に向けてひな祭りのシンボルとも言える雛人形を準備しないとなぁ~と親御さんは考えると思います。 スポンサーリン …

雛人形は次女の場合はどうする?市松人形を代わりに飾るのに意味はある?

女の子の成長を祝う節句行事であるひな祭り。 そのシンボルとも言える雛人形ですが、7段飾りや5段飾り・ケース入りの親王飾りなどサイズはさまざまですがどれも結構な場所を取りますよね。 スポンサーリンク 初 …

初節句をお祝いする時期はいつ?人形は誰が買う?男の子女の子で違う?相場や渡す時期はいつ?【まとめ】

初節句は子供が産まれてから初めて迎える節句行事の日ですね。 男の子なら端午の節句(5月5日)、女の子なら桃の節句(3月3日)に初節句のお祝いを行います。 しかし、端午の節句はまだしも桃の節句は祝日でも …

ページ検索